受託制作だけでは食べていけない!web制作会社の生き残りをかけた挑戦!

競争が激化しているWeb制作業界

世の中には競争が激しい業界・職種がいくつかありますが、その1つがWeb制作業界です。まさに戦国時代に突入していると言っても、過言ではありません。なぜ、ここまで競争が激化したのか。その理由の1つは、参入する企業やフリーのWeb制作者が増えたことです。そもそもWebサイトは、個人でも十分に制作することが可能です。難しい知識を持たなくても、専用ソフトの操作方法さえ身に付けてしまえば、簡単に作れてしまいます。また、Web制作の業者が増えれば、競争が激化するものです。このため1サイトあたりの単価が下がり、より多くの仕事を獲得しなければなりません。さらに、近年は社内に担当者を置いて、自社でWebサイトを作ってしまうケースも多いです。このような理由から、Web制作業界は非常に競争が激化しています。

生き残るためには自社運営サイトの成功が決め手!

受託制作だけでは食べていくことが難しいくなったWeb制作会社が生き残るためには、一体どうすれば良いのでしょうか。その決め手となるのが、自社の運営サイトです。ネット上には様々なポータルサイトやまとめサイト、SNSサイトなどが存在しています。そのようなメディア型のWebサイトを制作し、数多くのアクセスを集めることで、広告収入を得ることが可能になります。世の中には自社の運営サイトで大きな成功を収め、業績を伸ばしている企業も多いです。また、このようなサイトは一気にアクセス数を集めることが難しいので、少しずつ、そして着実に積み上げていく必要があります。メディア型のWebサイトは、アイディア次第でいくらでも作ることが可能です。

webサイト制作はしっかりとコンセプトを持つことが大事です。webサイトには役割があり、目的がはっきりしないとその役割を果たすものを制作できないからです。